スキャットマンPROは優良SEO対策ツール!

本サイトではスキャットマンPROを徹底的におススメしています。

簡単!SEOツールスキャットマンPRO

私自身、数百万PVのサイトを複数運営するプロだから言えます。

「スキャットマンPROは買い」と。

もし、あなたがSEOでお困りなら、スキャットマンPROが必ず役に立つでしょう。

そんなスキャットマンPROを徹底的に紹介していきます。

本記事内容
\ 効果抜群のSEO対策ツール/
/期間限定の63%OFF

スキャットマンPROの実体験レビューによるSEO効果

いくつか順位上昇が見られた例を挙げます。

最高10万PV/日ワードでも効果あり

時期によって上下はしますが、最高で一日当たり10万PVを記録したことがあるワードの順位変化です。

yahooや新聞社などの大手メディアや20年以上運営している老舗サイトが乱立している超難関ワードです。

数年前から参戦し、上位表示を維持していましたが、2020年5月のドメインランク優遇アップデートにて、2ページ目まで下落。

コンテンツの最適化を試ましたが、1ページ目のドメインが強すぎて歯が立たず。

しかたなく、スキャットマンPROにて2週間で7リンクほどを注入。

徐々に回復の兆しが見えてきました。

今後もリンク投入しながら順位変動を見守っていきます。

クレジットカードジャンルでも効果あり

クレジットカードは手出ししない方が良いと呼ばれるジャンルです。

しかし、需要が多く、成約単価も高いので、チャレンジしたいジャンルでしょう。

ただ、さすがに大手が狙うワードが難しいので、ずらしなどのひと工夫が必要です。

こちらのワードは上位表示することで、月30万円ほどの確定報酬が得られるワードです。

まずまずの難関で、大規模サイトやアフィリエイターが多く参戦しています。

これまた2020年5月のアップデートで上位から転落していました。

コンテンツ見直しを実施しても一向に順位回復する気配がなかったので、スキャットマンの出番となりました。

こちらも2週間で7リンクほどを注入。

あっという間に狙っているワードで1位に。

さすがのスキャットマンPROですね。

商標単体ワードでも効果あり

現在商標はかなり難しくなってきましたね。

アップデートによる公式優遇やカニバリによって、なかなか正当な評価がされないのが現実です。

ある有名商標ですが、単体上位表示で確定100万円を超えますが、アップデート後に圏外に落とされました。

圏外なので後回しにしていたのですが、やはり一向に回復する気配がなかったので、コンテンツの見直しを実施。

一時、回復傾向に見られましたが、再度下落。

その為、スキャットマンPROの力を頼ることに。

リンク投入直後からBingで順位が付きはじめ、続いてgoogleからも評価される形となりました。

まだまだ以前の順位回復にはなっていないものの、順位が付いたのは良い傾向です。

さらにリンク注入を行い様子を見ます。

実体験レビューで抜群の効果を実感!

以上3例を紹介しました。

まだまだ紹介したい例は沢山ありますがこれくらいにしておきます。

超難関ワードやYMYLジャンル、超有名商標ワードなど、様々なシーンで効果があることがわかったと思います。

ちゃんと使えばこれほどの効果が出るツールが月3,490円で使えるのは「買い」としか言いようがありません。

\ 効果抜群のSEO対策ツール/
/期間限定の63%OFF

スキャットマンPROはプロSEO集団との共用システム

スキャットマンPROのシステムの概要を解説します。

購入を検討している方は参考にしてみてください。

サテライトサイトは全員で共有

サテライトサイトは会員全員で共有する形です。

その為、サテライトサイトにはあなたの投稿だけでなく、他の人の投稿が毎日、山のように追加されています。

そういったサテライトサイトを共有して効率よくブラックSEOをしよう、というのがスキャットマンPROの仕組みです。

記事は自分で用意して投稿する

記事は自分で準備します。

その為、タイトルと記事を作成する手間が発生します。

使えるのは2記事に1つ

記事にはリンク挿入可能な記事とリンク挿入不可な記事の2パターンあります。

記事を投稿する際は、この2つの記事を順番に作成する必要があり、1つは捨て記事となります。

全記事リンクOKでない理由は、ペナルティーリスクを下げるためです。

明らかなサテライトサイトとわかれば、手動ペナによって芋づる式に、ペナルティーを受けることもあるからです。

投稿サイトはランダムで決まる

記事を作成し投稿をすると、システムが自動で投稿サイトに割り振ります。

その為、どのサテライトサイトに投稿するかは完全にランダムです。

場合によっては、連続で無料ブログが続くこともあります。

こちらもペナルティー対策です。

ランクシステム

ランクシステムが採用されています。

投稿した記事数によってランクが上がっていきます。

ランクが上がることで、一日当たりの記事投稿上限が上がるだけでなく、無料ブログ比率が下がっていきます。

ランキは月ごとの実績ではなくこれまでの通算なので、一回ランクアップしてしまえばそれ以降は投稿しなくても下がることはありません。

\ 効果抜群のSEO対策ツール/
/期間限定の63%OFF

スキャットマンPROのメリット・デメリット

どんなツールにもメリット・デメリットがあります。

デメリット

デメリットは下記3点です。

デメリット
  • すべてのサテライト記事にリンクを入れられない
  • サテライトサイトを選べない
  • 無料ブログが含まれる

全記事にリンクを入れられない

まず一つ目は、全てのサテライト記事にリンクを入れなれないことです。

スキャットマンPROは自分で記事を作成しますが、リンクを入れられるのが2記事に1つなので、効率が半分だという事です。

投稿するサテライトサイトを選べない

二点目としてサテライトサイトを選べないという点です。

出来ればサテライトサイトはリンク先とジャンルを合わせたいところですが、そういった指定はできません。

その為、関係ないサイトからの発リンクとなり、効果が薄い場合があります。

無料ブログが含まれる

三点目は無料ブログが含まれるという事です。

基本的に無料ブログからの自演リンクはあまりお勧めしません。

なぜなら、簡単に自演リンクが出来るので、こういったリンクをgoogleは無視したいはずです。

実際に、無料ブログからの自演リンク効果がどんどん薄くなっています。

システム上、投稿サイトがランダムで決まるので、無料ブログを避けることは出来ません。

その為、効率が落ちてしまうということになります。

メリット

メリットは下記3点です。

メリット
  • 費用対効果が高い
  • ペナルティーリスクが少ない
  • 記事品質は一定水準を保っている
  • サテライトサイトのドメインランクはまずまず
  • 予約が可能

費用対効果が高い

最大のメリットは費用対効果が高いということです。

月3,490円(初月5,490円)という低価格です。

ある程度の中古ドメインやIP分散サーバーを用意すれば、それだけで数十万円は行きますので、個人ではなかなか手が出しにくいです。

しかし、スキャットマンPROであれば、制限はあるものの、高度なブラックSEOが簡単にできてしまいます。

ペナルティーリスクがほぼ無い

二点目はペナルティーリスクが少ないことです。

無料ブログ、2記事につき1リンク、ツール記事不可(PSWはOK)といった具合になるべくサテライトサイトが怪しくないように制限を掛けています。

その為、手動確認の際にも、ペナルティーとなることが少ないです。

記事品質が一定水準

三点目は記事の品質が一定水準を保っているという事です。

基本的にCワードのようなワードサラダツールはNGです。

また、アダルトや禁止ワード設定もあり、そういったペナルティーを受けやすい投稿が出来ないようになっています。

サテライトサイトのドメインランクはまずまず

四点目はサテライトサイトのドメインランクがまずまずということです。

記事を投稿するサイトは選べませんが、サーチコンソールやahrefsなどで、被リンクを確認すれば、サテライトサイトがわかります。

私が確認している限りでは、DRが20以上はある中古ドメインも含まれており、まずまずの強さでした。

予約投稿が可能

五点目は予約が出来る点です。

効率を考えると記事を一気に投稿したいところですが、一気に発リンクを行えば不自然なリンクと判断される可能性があります。

そこで予約投稿の出番です。

例えば、一日おきに一本発リンクするなど、リンクの頻度を調整することで自然なリンクに見せるという事も可能です。

\ 効果抜群のSEO対策ツール/
/期間限定の63%OFF

スキャットマンPROの有効な使い方

以上のスキャットマンPROの特徴やシステムを考慮した有効な使い方は下記になります。

スキャットマンPROを効果的に使うには
  • ランクはブロンズ以上
  • PSWでランク上げ
  • リンク挿入記事は関連性を重視
  • リンク挿入記事の文字数目安は1000文字
  • アンカーテキストは分散推奨

ランクは高い方が良い

ランクはブロンズ推奨です。

なぜならランクが低いと無料ブログの割合が多いからです。

PSWで楽にランクをアップできる

また、ランクは記事投稿数が基準となりますが、ブロンズ以上は1000記事以上の投稿が必要になります。

その為、費用対効果を考えるとPSWが推奨です。

リンク挿入記事は関連性を重視

リンク挿入記事は関連性を重視したほうが効果的です。

特にリンク挿入部分の前後には、しっかりと狙っているキーワードを散りばめるようにしましょう。

記事の文字数は1000文字が目安

文字数は特に決まっていませんが、なるべく多い方が良いです。

その為、記事の文字数は1000文字を目安としてきましょう。

理由は私がそれで効果を実感しているからです。

アンカーテキストは分散

アンカーテキストはSEOにおいて効果があります。

しかし、それ故偏ったアンカーテキストにしてしまいがちですが、明らかに不自然です。

ペナルティーのリスクを減らすためにも、URLを多めにし、記事タイトルや「参考」「こちら」なども入れ、自然に見せるようにしましょう。

スキャットマンPRO購入特典

本サイト経由からスキャットマンPROを購入した場合の特別特典を2つご用意させて頂きました。

本サイトの購入特典
  • スキャットマンPROお悩み相談
  • サイト診断

特典については、ご購入後、購入された時間を下記フォームよりご連絡ください。

>>購入特典申請フォームはこちら

スキャットマンPROのお悩み相談

最初のうちは、スキャットマンPROに関する疑問も多いと思います。

使い方、リンク挿入記事の内容、リンクを当てる本数、リンクを当てる期間、などなど。

その為、私がこれまで使ってきた経験をもとに、お悩み相談をさせて頂きます。

サイト診断

サイト運営に関する様々なお悩みがあると思います。

そこでサイト診断を受け付けたいと思います。

この機会に、サイト運営で出てきた疑問を解決しましょう。

\ 効果抜群のSEO対策ツール/
/期間限定の63%OFF

スキャットマンPROの関連記事

スキャットマンPROはPSWを併用して使え!
スキャットマンPROの有効な使い方
タイトルとURLをコピーしました