スキャットマンPROの有効な使い方

スキャットマンPROの特徴やシステムを考慮して有効な使い方をご紹介します。

ランクは最低でもブロンズ以上

ランクは最低でもブロンズ以上にしましょう。

理由は簡単で、記事が投稿される割合がワードプレスと無料ブログで約50%ほどになるからです。

実はこのワードプレスの投稿割合は非常に重要です。

被リンク効果は無料ブログよりもワードプレスの方が高いからです。

その為、ワードプレスでの投稿が多い方が効果的です。

しかし、ブロンズになるまでにはリンク有の記事を500記事以上投稿する必要があるので、合計1000記事が必要になります。

その為、ハードルが高いように感じますよね。

スキャットマンはPSWと併用が便利

自力で記事を書くのも良いですし、外注に依頼しても良いでしょう。

しかし、費用対効果を考えると、賢い選択だとは言えません。

例えば外注であれば、1記事300円の格安で依頼しても、1000記事を用意するのに30万円です。

自分で記事を書くにしても、1記事30分で一日8時間作業したとしても63日掛かります。

どちらも良い選択だとは言えないのがわかりますね。

そこでおすすめしたいのがPSWです。

このツール、自動で記事を書くツールですが、人間が書いた文章を元に自動で作成されます。

その為、そこら辺のワードサラダツールのように、機械が書いた記事ということがばれにくくなっています。

「文章を書くのに慣れていない人が書いたような文章」という感じです。

記事例はこちらを参考にしてみてください。

その為、スキャットマンPROでの投稿はOKとされています。

自然な文章をツールで作成/
/スキャットマンと相性抜群

PSWでランク上げ

PSWでは100記事程度であれば一瞬で作成してくれます。

この記事を使えばスキャットマンPROのランクをどんどん上げることが可能です。

最初のうちは無料ブログ割合が多くなってしまうので、PSWの記事をどんどん投稿して、とにかくランクアップに努めましょう。

スキャットマンPROで使う際のPSWの設定は下記の記事で紹介しています。

>>スキャットマンPRO用のPSWの設定

ランク低いうちは無料ブログ割合が多く、効率が悪いので、ブロンズ以上になるまでPSWでサクッと上げていきましょう。

狙ってワードプレスに投稿させる方法

PSWでランクアップしたとしても、約半分は無料ブログへの投稿になります。

その為、運が悪いと連続で無料ブログが続いてしまう事も出てきます。

そこで、狙ってワードプレスに投稿させる方法をご紹介します。

狙ってWP投稿する方法
  • リンク挿入記事を予約投稿をする

    リンク挿入記事を予約投稿します

  • 記事一覧で投稿先を確認

    記事一覧で投稿先を確認します。WPと出ていればOKです。

    出ていなければ③へ

  • 予約投稿した記事をコピペしておく

    予約投稿した記事をメモ帳などにコピペしておく

  • 予約投稿した記事を削除

    予約投稿した記事を削除

  • ①へ戻る

    メモ帳などでコピペしておいた記事えリンク挿入記事を作成。という繰り返し。

もし、外注さんに有料で書かせた記事だったり、渾身の高品質記事だった場合など、どうしてもWPに投稿させたい場合にご活用ください。

リンク挿入記事は関連性を重視

スキャットマンPROでは2投稿中1投稿をリンク挿入記事にできます。

リンク挿入しない記事はPSWの記事でOKです。

しかし、リンク挿入記事はある程度関連性を持たす必要がありますので、PSWで対応しない方が良いでしょう。

現在のgoogleはリンクだけでなく、その記事の関連性も見ているのは確実です。

中古ドメインの効果が薄くなっているのはこのためです。

なので、記事は出来るだけ発リンク先と関連性を持たせるべきです。

例えば、発リンク先で評価を上げたいキーワードをタイトルにしっかり盛り込み、サジェストや関連ワードをしっかり記事内に盛り込む、といったことが重要です。

最低でも発リンク部分の前後に関連性を持たせる

もちろん費用対効果もあるので、妥協したい方も多いでしょう。

もし、そこまで労力を掛けたくない場合は、PSWで作成した記事のタイトルに関連性を持たせ、発リンクする部分の前後の文章に、関連性の高いワードを散りばめるようにしておきましょう。

単にPSWの記事をそのまま投稿するよりかはSEO効果は出てきます。

リンク挿入記事の文字目安は1000文字

関連性を持たせるだけではSEO効果は低いです。

発リンクをしている記事の評価を少しでも上げることで、被リンクを受けた記事の評価も上がります。

その為、記事の文字数は1000文字を目安に書きましょう。

アンカーテキストを自然に

発リンクする際はアンカーテキストが重要です。

よく言われますが、「出口」と検索した際にyahooが上位に出ることから、その重要性がわかります。

ただし、狙っているキーワードのみをアンカーテキストにすれば不自然です。

その為、自然な形にアンカーテキストを分散さえることが必要です。

例えば、URL、記事タイトル、参考、こちら、などです。

検証はGRCがおすすめ

現在順位チェックツールを使っていないようであれば、GRCがおすすめです。

発リンク記事を投稿した後に、どういった順位変化が出るのかを把握することは重要です。

もちろん、スキャットマンPROに関係なく、何かを修正した際には必ず変化が起きます。

そういった変化をしっかり記録し、効果検証を地道にし、何が効果があるのか、何が効果が無いのかを自分で把握していくことがSEO知識を高めるために重要です。

このフィードバックが無ければ、SEO対策は出来ないと思ってください。

もちろん、自身のサイトだけではありません。

競合サイトや、狙ってるキーワードの上位サイトの順位推移など、SEO対策をする上で必須の機能もあります。

\ SEO対策必須ツール/
競合調査にも\

コメント

タイトルとURLをコピーしました