スキャットマンPROはPSWを併用して使え!

スキャットマンPROはPSWと併用するのがおすすめです。

そんなPSWをスキャットマンPROで使う際のコツを共有したいと思います。

PSWはスキャットマンPROではランクアップ目的で使う

PSWはランクアップに使います。

その為、リンク挿入記事には使いません。

理由は簡単で、被リンク効果が薄くなるからです。

基本的には、発リンク先と記事は関連性があった方が良いです。

その為、タイトル・本文・アンカーテキストに狙っているキーワードを含めるのはもちろんですが、プラスして関連性が高いワードを散りばめておく必要があります。

関連性が高いワードとは、狙ってるキーワードのサジェストワードや共起語です。

こういったキーワードを記事にしっかりと含める必要があるので、リンク挿入記事はご自身で作成した方が良いでしょう。

本命サイトで培った知識を小出しで記事を作ればいいので、文字数的にわずか1000文字程の記事でしたら、そこまで手が掛からないでしょう。

スキャットマンPROでのPSWおすすめ設定

おすすめの設定は下記です。

改行タグを挿入する

改行タグは挿入しましょう。

スキャットマンPROの管理画面の上部の注意書きに、改行を入れるように注意書きがあります。

その為、35~40文字毎に改行を入れる設定をしておきます。

改行をなしで設定した場合は、スキャットマンPROで投稿の際に自分で改行を入れる必要があるので、無駄な作業が発生します。

出力形式は【タグあり】

出力する際は「タグあり」を選択しておきましょう。

先ほどの改行タグは「タグあり」でないと反映されません。

「タグあり」を選択することで、Pタグとbrタグ(改行)が入ります。

ただし、brタグはスキャットマンPROでは使えません。

その為、別途出力された文章のbrタグを改行に置換することで、コピペだけで投稿できるようになります。

エクセルがある場合はCSVで出力

CSVファイルが開ける環境ならCSVが楽です。

「まとめて出力」を選択すると、A列にタイトル、B列に本文が出力されます。

その為、連続投稿していく際には「Ctrl+X」で切り取りながら投稿していくのに便利です。

文章作成数は100以上

文章作成数は100以上が良いでしょう。

スキャットマンPROで一日に投稿できる数は限られていますが、その都度PSWを開いて設定を決めて出力するのは時間の無駄です。

その為、一回で沢山の文章を作成したいところです。

ただし、PCの環境によっては、文章が多すぎるとCSVファイルが重くなったりしますので、100~500くらいが目安です。

PSWで出力された文章をスキャットマン用に修正する

先ほども説明した通り、スキャットマンPROではPSWで出力されるbrタグに対応していないようです。

その為、出力ファイルを修正する必要があります。

CSVファイルを開き<br/>タグを改行に置換

PSWで出力されたファイルをエクセルで開きましょう。

するとB列に本文があると思います。

このB列の<br/>を改行に置換する必要があります。

やり方は簡単で、CSVを開いたら「Shift+F」で検索と置換を開きます。

置換タブをクリック。

検索する文字列に<br/>を入れ、置換後の文字列に「Ctrl+J」を入れます。

「Ctrl+J」を入力しても空欄ですが、改行が挿入されます。

「すべて置換」をクリックすると、全ての<br/>タグが改行に置換されます。

この状態でスキャットマンPROにコピペすれば、そのまま何もいじることなく投稿が可能となります。

以上のようにそのままコピペしても文章の途中で改行が入っているのがわかります。

ちなみにPタグはスキャットマンPROでは使えますので、そのままで大丈夫です。

PSWの置換はスキャットマンPROでは不要

PSWの置換をする際は、文章が成立する内容にしないとNGです。

例えば、

  • 「口コミ」→「レビュー」
  • 「ダイエット」→「腹筋ダイエット」
  • 「化粧品」→「コスメ」

という感じで、大きく変えてしまうと意味が通じない文章になってしまいます。

その為、置換機能を使う場面は限られています。

テキストリンク挿入やアフィリエイトリンク挿入も不要

PSWはテキストリンクやアフィリエイトリンク挿入も自動でできる機能があります。

しかし、スキャットマンPROでは1記事につき1リンクとなっています。

その為、スキャットマンPROではこの機能を使うことはないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました